ブログパーツ HERO(ヒーロー)映画:木村拓哉動画 なつかしのキムタク
木村拓哉動画 なつかしのキムタクでは、サイトマップ木村拓哉ドラマ木村拓哉関連ニュース木村拓哉着木村拓哉TV
などを紹介しています。
HERO(ヒーロー)映画

HERO(ヒーロー)映画のページを説明

楽天

安堂ロイド〜A.I.knows LOVE?〜オリジナル・サウンドトラック

【送料無料】GOOD LUCK!!Blu−ray BOX

■その他木村拓哉ドラマCD、DVD

木村拓哉「安堂ロイド」使用zoff眼鏡

新着記事一覧

HERO(ヒーロー)映画

『HERO』(ヒーロー)は、2007年9月8日に公開された木村拓哉主演の日本映画。

2001年に連続ドラマ、2006年に特別編が放送され、
全話視聴率30%以上を記録したフジテレビ系ドラマ『HERO』の劇場版。
月9ドラマのオリジナル作品が映画化されたのはこの作品が初である。
2006年に放送された特別編の後のストーリーを引き継いでいる。


木村拓哉は『武士の一分』以来の映画出演となる。
2001年のレギュラー陣11人に加え、特別編から中井貴一、
綾瀬はるか、石橋蓮司が引き続き出演、
特別編でセリフのみに登場した代議士・花岡練三郎がこの映画で本格的に登場し、タモリが本名の森田一義名義で出演。

他にも、映画Heroでは松本幸四郎と松たか子の親子共演や
イ・ビョンホンの友情出演などで話題を集める。
そしてHERO 映画 興行収入は2007年邦画で1位を獲得
81.5億円を樹立した。


HERO映画

【出演キャスト】
木村拓哉(久利生公平)
松たか子(雨宮舞子)
大塚寧々(中村美鈴)
阿部寛(芝山貢)
勝村政信(江上達夫)
小日向文世(末次隆之)
八嶋智人(遠藤賢司)
角野卓造(牛丸豊)
児玉清(鍋島利光)
田中要次(バーテンダー)
中井貴一(滝田明彦)
綾瀬はるか(泉谷りり子)
石橋蓮司(大藪正博)
森田一義 タモリ(花岡練三郎)
イ・ビョンホン(カン・ミンウ)
香川照之(黛雄作)
岸部一徳(桂山薫)
松本幸四郎(蒲生一臣)
MEGUMI(河野桜子)
古田新太(郷田秀次)
鈴木砂羽(黒川ミサ)
国仲涼子(松本めぐみ) ほか


【ストーリー・あらすじ】
6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検・城西支部に異動となった検事・久利生公平はある時、目下離婚調停真っ最中の芝山に代わり、
芝山が起訴した傷害致死事件の公判検事を任されることになる。


早期に決着がつくと思われていたが、
容疑者が一転無罪を主張するという事態に見舞われてしまう。
その容疑者を刑事事件無罪獲得数日本一の敏腕弁護士・蒲生一臣が弁護し、冷静な法廷戦術で久利生(木村拓哉)を追い詰めていく。


そんな中、久利生(木村拓哉)は特捜部によりこの事件が久利生(木村拓哉)が山口県・虹ヶ浦支部赴任時に大きな因縁がある代議士・花岡練三郎の贈収賄事件の鍵を握っていることを知る。
久利生(木村拓哉)と雨宮は捜査の過程の中で韓国・釜山へ向かいながらも奔走する。


やがて傷害致死事件の裁判は贈収賄疑惑の今後の展開を左右する裁判として全国民の注目を浴びるようになる。花岡の疑惑を何としても証明したい特捜部。
互いを守るためにアリバイを工作する被疑者達。
大きな事件を前に浮足立つ城西支部の面々。


今までに無い危機を迎える久利生(木村拓哉)は、
それぞれの思いが絡むこの裁判を前に
検事生命を掛けた一世一代の大勝負を仕掛けてくる。


【DVD】HERO<特別限定版>/邦画


HEROをみる↓

(楽天)HERO (Veoh)HERO (pandora)HERO (wiki)HERO (ranking)

木村拓哉動画 なつかしのキムタクのHERO(ヒーロー)映画のリンクについて

木村拓哉動画 なつかしのキムタクのHERO(ヒーロー)映画のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

にほんブログ村 芸能ブログへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。